高円寺で安く外壁リフォームするなら!

高円寺で外壁リフォームするなら「どこの業者が信頼できるか?」「どの工務店に依頼すれば安いか?」

 

なかなか難しいですし、正しい答えは見つかりませんよね。外壁はリフォームの分野の中でも工事料金が高額になる部分なのでなおさら業者選びが難しいです。

 

外壁は、壁や床のように安いリフォームではないので、ある程度時間をかけて慎重にリフォーム会社を選定することは重要なことです。

 

間違っても飛び込みの営業に来たところや、電話帳で適当に選んだ業者を1社だけコンタクトを取って業者の言われるがまま外壁リフォームを依頼することは避けましょう。

 

確実に足元を見られて高い料金を支払う羽目になります。

 

今の時代、まずはネットで一括見積もりをして適正価格を知ることからスタートです。利用料金は無料なので損するリスクはありませんし、加盟店も厳しい審査をクリアーした業者のみが登録されているので安心です。

 

\高円寺リフォーム業者一括見積もり窓口/

ヌリカエ申込

高円寺の外壁リフォームの費用は業者次第

ご自身で不動産や戸建を所有されている場合、十数年に一度は外壁リフォームのタイミングがやってきます。外壁は築後10年程度経過したあたりから汚れが目立つようになってきます。これは経年劣化によるものですので避けることが難しいでしょう。外壁リフォームには当然ですが費用が掛かります。

 

この費用もそれなりの価格がする場合が多く、中には高級自動車を購入出来てしまうほどの費用になるケースも珍しくありません。まず戸建ての場合ですが、築後10年から15年を目安に外壁リフォームを行うことを視野に入れ、計画的に貯蓄をしていくことが望ましいでしょう。

 

それは、小さな戸建ての場合でも数十万から百万円を超えて来る場合もあるからです。次に不動産所有の場合です。不動産運用として所有しているアパート等の場合、最低でも15年に一度は外壁リフォームを行った方が良いでしょう。なぜかというと、見栄えが悪い物件では賃貸希望者が集まりにくくなるためです。

 

アパートの外壁リフォームとなると、数百万円単位の費用が必要になります。どちらの場合もかなりの費用が必要になる外壁リフォームですが、実は業者で大きく費用が異なることがあるのです。大手企業へ頼むことで信頼性、安心感を得ることはできるかもしれません。ですが、必ずしもお値打ちかどうかとは言えないのです。逆に、地元の中小企業へ頼んだ場合、見た目の信頼感、お値打ち感を体感することはできます。まずは業者からいくつか見積もりを取り、内容を精査してからリフォームを行うべきでしょう。

建物の外観は劣化しやすい?リフォームに適した季節の見極め方

外壁リフォームは建物の傷んだ外壁を直す作業全般を指しますが、立地環境や季節によって仕上がりの良し悪しが大きく変わることがあるので注意が必要です。特にモルタル工事や外壁の塗り直しなど、塗布した薬剤の乾燥工程が必要な外壁リフォーム工事については空気の汚れが仕上がりに悪影響をもたらす可能性があるので慎重な作業が求められます。

 

一般的に外壁リフォームを行う際は気温の変動が穏やかで、空気中に埃などの異物が混在しにくい季節が適しています。多くの場合、気温が極端に上がらず、適度な湿度によって埃が飛散しにくい晩春から初夏が最適とされていますが、建物の立地環境によっては当てはまらないこともあるので現地調査が不可欠です。

 

潮風が吹き付ける海岸沿いの物件は季節に関係無く塩分が多い風に晒されるため、塩害を回避する処置を施したうえで外壁リフォームを行うのが無難な対処法になります。

 

また、高山に囲まれた狭い盆地では山からの強風によって外壁に塗布した薬剤が急速に乾いてしまう問題があります。湿度が低下しやすい季節になると乾燥が顕著なので、外壁の損傷が激しいなど特別な理由を除いて冬季の作業は避けるのが普通です。

 

外壁リフォームは単に傷んだ部分の修復だけではなく、見栄えを良くして外観を美しく仕上げる目的があります。そのため、作業が適切に行われるように快適な環境が保たれる季節を選ぶのが、満足出来る結果を得るために必要な心得です。

外壁塗装の知っておきたい作業工程と、失敗しない業者の選び方

家の外壁リフォームをするとき、どのような業者に頼めば良いかを選ばなければなりません。その時に失敗しないように、基本的な外壁塗装リフォーム工事の作業工程の手順を知っておく必要があります。一般的な流れとしては、まず足場の組み立て・飛散を防止するためのネット張りをします。

 

次に、高圧洗浄による水洗い、ひび割れなどの下地処理を行い、養生シートを貼り付けます。下塗りをして、中塗り・仕上げという手順です。よく悪徳業者などで手順を抜かれる可能性もありますが、これらの作業工程の中でも特に高圧洗浄による水洗いや下地処理、下塗りの工程は重要で、仕上がりに差が出てきます。この手順を抜かれると、塗って間もない期間に塗装がはがれやすくなったり、ひび割れやすくなったりする恐れがあります。そうならないためにも、これらの作業工程は事前に確認しておいた方が良いでしょう。

 

作業工程がすべて終わる期間は、およそ10日〜15日が平均的な日数です。初日に足場工事やネット張りですが、中には足場なしという業者もあります。仮設足場の費用が高いので、そちらの方がいいと考えてしまいがちですが、ロープでぶら下がり塗装をするので安全性にかけていて、塗料も飛び散ってしまいます。そのため、仮設足場は省かないようにしましょう。2日目に高圧洗浄をして、3〜4日目は48時間乾燥させることで、その後の塗料がしっかりと密着するように準備します。5日目からは下地処理、養生をしてから塗装を順に行い、養生を取るのは12日目です。その日に業者や顧客による確認作業があり、13日目に足場の解体と清掃、14日目に引き渡しをして工事完了の挨拶で終わりです。

外壁リフォーム、補助金を受けるためには何が必要?

住宅のリフォームには大きなお金がかかるものですが、その工事に対しては各自治体などから、色々な種類の助成金や補助金が受けられる助成制度があります。実は外壁リフォームの工事もその対象となっているのです。助成制度のうち助成金は申請すれば、規定の塗料を使うなどの条件を満たすことで受け取ることができるのですが、補助金には審査があり、これに合格しなければ受け取ることはできません。では、外壁リフォームで補助金を受け取るためにはどのような条件を満たし、どのように申請を行えばよいのでしょうか。

 

各自治体によって補助金の詳しい条件や申請方法、受け取れる金額は異なります。特に条件については差が大きいため、お住まいの自治体のホームページで詳しく確認する事が必要です。金額については工事費の10%〜20%、上限は10万円〜20万円が多くなります。申請方法については共通点があります。

 

まず申請のタイミングですが、施工前に申請しなければいけません。工事を始めた後では申請できませんのでご注意ください。受給希望者が多数の場合、ここで抽選が行われます。受給のための基本的な条件は、申請する自治体内に施工する住居があること、税金の滞納がないことです。施工業者に対しても自治体内に本店があるかなどの条件が必要になります。

 

この他の条件としては指定された塗料などを使う、リフォームを行う場所の図面などを提出するといったものがあります。また複数のリフォーム工事を行う場合、施工業者が同一でなければ対象にならない場合があります。内装の変更など他の工事を予定している場合、施工業者に併せて依頼できるか確認しておきましょう。

塗り替え以外の方法とは?サイディングについてのまとめ

外壁リフォームと言えば、塗装をしてきれいに色をつけるというのが一般的ですが、サイディングという外壁材を今の壁の上に貼る方法があります。サイディング工事は種類やデザインも豊富で、きれいになるだけでなく様々な付加価値がありますが、ここでは4つのメリットを紹介します。

 

一つめは、今までよりも防音効果が高くなる事です。外壁が厚くなることで、建物内部からの声やテレビの音などが外へもれにくくなり、外からの騒音も聞こえにくくなります。二つめが、エアコンが今までよりも、よくきくようになります。これも厚みが増したことで得られる効果です。三つめは、地震に対しての強度があがるということです。

 

これはサイディングを貼る際には、釘やビスなどを打ち込みますので今の外壁の内側の下地部分とがつながり、揺れにたいして強くなります。地震の多いドイツなどはサイディングの家が多い為、日本ではサイディングのことを別名ドイツ貼りとも呼びます。

 

四つめは、何と言っても新築したような美観になるという事です。塗装の場合は、新築時にもどったみたい!と建てたときのようにきれいになったという喜びですが、サイディングの場合は、別の家を新築したみたい!という喜びです。このように、サイディングの場合は、きれいになるだけでなく生活をしていくうえで体感するメリットが多くあります。外壁リフォームを考えている方は、塗装だけでなくぜひ、サイディングを検討する事をおすすめします。

 

\高円寺リフォーム業者一括見積もり窓口/

ヌリカエ申込